Just another WordPress site

税理士に相談

株式会社の設立は税理士に相談しましょう

株式会社の設立は登記を行う以外にもさまざまな手続きが必要になります。
税務署への届け出から都道府県や市区町村への届け出、労働基準監督署やハローワークへの届け出、年金事務所への届け出など、ほんの一部だけでもこれだけの申請を行う必要があり、それぞれの提出先への税務書類はさらに細かく分かれています。
株式会社を設立した後は必要な税務書類を作成し、期限までに提出する必要があります。

このような税務書類の作成をすべて正確に行うのは大変、時間と労力を要す
る作業となります。

そこでおすすめなのが、税理士と顧問契約を結ぶことです。税理士とは依頼者に代わり税務書類の作成や税務の代行、税務相談、財務諸表の作成、会計帳簿の作成など税務や経理に関する様々な業務を行う者のことを言います。

また国家資格を保有する税務や会計のエキスパートでもあり、企業運営に関するノウハウなども豊富に有しています。

顧問契約を結んでおけば必要な税務書類の作成をはじめ、事業開始後の税務や会計などのアドバイスも行ってくれます。

税理士の扱う業務は非常に幅が広く、企業経営を行う際の強い味方となります。

株式会社を設立するときは、税理士と顧問契約を結ぶことを忘れないようにしましょう。株式会社設立に関する相談をした場合の費用は実費でおおよそ200000円前後となっています。

手数料は税理士によって異なり、無料から50000円前後となっています。
電子定款認証を行えば、本来発生する費用が40000円から無料へとなるので、その費用を受け取ることにより手数料を無料としている所が多くなっています。

事業開始後の顧問契約料の相場は、毎月の会社訪問で20000円から50000円となっています。

顧問契約料は年商によって変化し、顧問契約の内容に含まれない業務や決算など特別な業務に関しては別料金となっています。株式会社を設立するためには、税務や会計に関する正確な処理が必要不可欠です。

税理士と顧問契約を結ぶことは株式会社設立には必須の条件と考えてよいでしょう。

顧問契約はできるだけ速やかに契約しておくことをおすすめします。

顧問契約を後回しにしてしまうと、税務に関する手続きなどはすべて自分たちで行う必要が生じてきます。

税務に関する手続きは難解であるのと同時に、膨大な作業を正確に行う必要があります。

その様な作業を自分たちで行うのは非常に労力が必要になります。

株式会社を設立するときは早めに税理士と顧問契約を結ぶようにしましょう。